ウイスパーが国内生産終了していた

長くトップだったウィスパーでしたが…

ロングセラーの生理用ナプキン「ウィスパー」、国内販売を終了していた P&G「苦渋の決断」「ウィスパー」の販売終了を知らせるページなどと、ニュースになっていますね?

 

衣料用洗剤や衛生用品などを製造販売する「P&G」(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン)。生理用ナプキン「ウィスパー」シリーズの販売を終了していたことがSNS上で話題となっているようです。

 

 

30年以上販売を続け、多くの女性たちに愛用されてきたロングセラー商品と言うことですが、一般的にいう優れた人気商品とは違う側面があると思います。

 

ほんとうに胸をはってよい商品を提供してきたという自負があれば、ひっそりやめたりしないはずですし、その進化版を発表すべきだと思います。

 

内緒でデメリットを消費者に知らせず、売れることだけを考える会社と思わざるをえません。化学的なことって消費者は気付かないですから。

 

惜しむ声も多いと言いますがデメリットにめをつぶった商品。布ナプキンの出現でデメリットが知られるようになっただけ。

 

なので自然淘汰されただけ。

 

黙って終了なんて、企業の姿勢としては間違っていると思います。

 

消費者はこの機会に、ほんとに体によいものを考えてほしいです。