絹の布ライナー

絹の布ライナーはオーガニックの綿の布ライナーとどこが違うの?

布ライナーは冷えとりライナーとして人気です。冷房や寒い冬の冷えから守ってくれます。

 

シルクの布ライナーがいいのは、おばあちゃんの言い伝えで絹は体の毒を吸収し綿に渡すと言われます。

 

しかしこれを実証するのはむずかしいですね。わたしはこの絹のパンティライナーを使ったり、絹のショーツに綿のショーツと2枚重ねで使うこともあります。温かいですし。絹は薄く温かいし、夏は涼しいので肌に直接触れる素材としてももっとも適しています。効果はわかりませんが快適なのはわかります。絹は蚕のまゆ、つまりタンパク質ですから人の体にとても近いのです。しかも虫も付きにくいと言われます。

 

絹は肌さわりがよく、通気性、保温性にすぐれているので年中快適なところも優れています。だから布ライナー、インナーウエア、寝具に適していますね。水洗いもできますし。

 

 

価格はやや高めですがシルク布ライナーはとても快適です。

 


 

 

 

こちらはふんどし用に合わせてつくられたもの。

 

ふんどしはひとり暮らしでお家でリラックスウエアの時は快適かもしれませんね。

 


 

 

レーヨンはどう?ということを聞かれることもありますが、オーガニックの綿の方がいいですね。ポリエステルは合繊繊維、レーヨンは半合繊繊維となります。レーヨンの材質はパルプです。

 

 

 

 

くわしくは⇒トップページへ